夜間診療所|中州川端駅近くのED治療・AGA相談 年中無休、土日も診療

AGA薄毛治療

AGA(薄毛治療)

AGAとは男性型脱毛症のことで、成人後に額の生え際や頭頂部の髪が薄くなっていくことです。AGA悩んでいる方は全国で1260万人。成人男性の3人に1人といわれています。
一般的に遺伝的要素や男性ホルモンの影響が主な原因と考えられています。

原因はDHT(ジヒドロテストステロン)

男性ホルモン(テストステロン)自体が毛根にダメージを与えるのではなく、テストステロンが体内で、酵素(5α-リダクターゼ)の働きにより変化したDHTという物質が毛根に直接ダメージを与えています。薬物治療では、5α‐リダクターゼの働きを抑える薬剤を使用します。※治療薬は男性ホルモン自体を減らすものではありません。

AGAの治療はプロペシアなどの脱毛を防ぐものと、発毛を促進するミノキシジルで構成されていますが、作用の異なる薬を組み合わせて使用することでより高い効果が得られます。当院では日本皮膚科学会ガイドラインの推奨する治療法を行っています。

©夜間診療所