夜間診療所|中州川端駅近くのED治療・AGA相談 年中無休、土日も診療

PSYCHIATRY当院の心療内科・精神科治療

“あなた中心の治療です”

保険診療で行う心療内科・精神科につきまして当院では以下のような方針で診療させて頂いております。基本は患者様主体の治療です。医師からのアドバイスもございますが、通院のペースや内服薬に対する想いをお聞きしながら、治療をすすめてまいります。ご要望がございましたら気兼ねなくお伝えください。

方針1:オーダーメイド治療

患者様の考えるゴールをもとに治療方針を組み立ててまいります。
患者様の考えるゴールによっては一時的にお薬を飲んで頂くこともありますし、反対に共に協力してお薬から距離をあけていくこともあります。
最終的にどうなっていきたいのか迷いがあるといった患者様の場合にはカウンセリングの中で一緒にゴールを見つけていきましょう。

よくあるお悩みの一例

  • ・今飲んでいる薬から卒業をしたい。
  • ・最終的には外来通院しなくても良くなるように、心理トレーニングを受けてみたい
  • ・家族や大切な人と一緒に治療を受けたい。
  • ・頑張っているのに人生うまくいかない。
     何が原因でどうしたらもっと楽に生きていけるのか知りたい
     など

方針2.プライバシーを大切にします

患者様のプライバシー保護には細心の注意を払って診療にあたります。
心療内科・精神科の治療におきましては他の方や家族にも知られたくないという状況は多々存在します。
治療をすすめていくなかで、それまで送ってき人生や人間関係などナイーブな点までお話し頂くことが多くあります。
治療は信頼関係のなかで成り立つものですので、お話し頂いた内容は許可がない限り他言しないことをお約束致します。
うまく話せるか心配な方はドクターへの伝言カードをご利用頂けます。

方針3.治療中の状態チェック

定期的な血液検査など全身状態のチェックもあわせて実施してまいります。服用頂く薬剤によっては定期的な血中濃度測定が必要な種類のものもございます。薬の効果だけでなく副作用の面からもきちんと管理を行き届いた診療を行います。
また、心療内科の分野では甲状腺のホルモン異常など内科疾患からくる気分変調などもございます。心療内科は心の相談が中心だと感じておられる方もいらっしゃいますが、まずは体の中に隠れた病気がないかをしっかりと確認をしたうえで診療を行っていく診療科でもございます。その点も踏まえて、尿検査、血液検査など内科的に必要な検査も同時に受けて頂く場合がございます。

 

[当院は指定自立支援医療機関です]

自立支援医療機関とは?

公費負担医療の一種で精神疾患(てんかんを含む)の治療のため通院による精神医療を継続的に要する病状にある者に対して医療費の自己負担を軽減するものです。

以下のような疾患で治療を受けられる方の医療費自己負担割合が、一般的な医療保険3割負担から1割負担へと軽減される制度です。

基本的にはほとんど全ての精神疾患治療が対象となります。

(1)病状性を含む器質性精神障害

(2)精神作用物質使用による精神及び行動の障害

(3)統合失調症、統合失調症型障害及び妄想性障害

(4)気分障害

(5)てんかん

(6)神経症性障害、ストレス関連障害及び身体表現性障害

(7)生理的障害及び身体的要因に関連した行動症候群

(8)成人の人格及び行動の障害

(9)精神遅滞

(10)心理的発達の障害

(11)小児期及び青年期に通常発症する行動及び情緒の障害

※(1)~(5)は高額治療継続者(いわゆる「重度かつ継続」)の対象疾患

既に他院で自立支援を受けられながら治療をされている方で転居などを期に通院する医療機関が変わることも多々ございますが、

当院ではそういった患者様が安心して治療を継続できるような診療体制を整えております。

新規に自立支援医療を受けられるかお尋ねになりたい方はお気軽に当院へご相談下さいませ。

各心理検査の評価について

img_0771-2

自閉症スペクトラム スクリーニングテスト

大人の発達障害は近年社会的にも注目を浴びています。
大人の発達障害にはADHD(注意欠陥多動性障害)やアスペルガー症候群、その他の特定不能の広汎性発達障害等があります。先天的な病気で全人口の1%~5%が、何らかの発達障害およびその傾向を持つと言われています。
完全に治すことはできないが症状を緩和させることはできます。

発達障害の主な症状
  • ・周囲の人とのカミュニケーションがうまくとれない
  • ・忘れ物やミスが多い
  • ・落ち着きがなくソワソワする
  • ・衝動的に行動してしまう
  • ・整理整頓がうまくできない
  • ・忘れ物やミスが多い
  • ・その場の空気が読めない
  • ・時間や期限が守れない
  • など
 症状はいいいえ
1.ひとりのほうが、誰かとするより作業に集中できる。
2.試行錯誤するより、今までと同じやり方をするほうがしっくりくる。
3.ひとつのことに集中すると、周りが気にならなくなる。
4.小さな物音に気が付きやすい。
5.ささいな誤字脱字など、意味のない情報が気になってしまう。
6.デリカシーがない、礼儀がなっていないと言われることがよくある。
7.日付についてこだわりがある。
8.あたらしい場所や職場で、自分の立場を把握するのが苦手である。
9.誰かの言い間違いや書き間違いなど、小さなことにも気が付きやすい。
10.静かな方が好きだ。自分はインドア派だと思う。
11.とても強く興味が惹かれるものがある。またそれをすることができないと混乱する。
12.つい他人の話をさえぎって、自分の話したいことを話してしまうことがよくある。
13.時刻表などが好きだ。数字に対するこだわりがある。
14.映画や小説の登場人物が何を考えているのかうまく読み取れない。
15.架空のドラマより、ドキュメンタリー番組のようなノンフィクションのほうが好きだ。
16.ものごとの規則性やパターンを見つけ出すのが得意である。
17.映画館より博物館のほうが好きだ。
18.電話番号を覚えるのが得意だ。
19.知人が髪を切ってきたことにすぐに気づくことが出来る。
20.話している相手が自分の話に退屈しているとき、何を話せばいいかわからなくなる。
21.いくつかの仕事を同時にこなすのは苦手だ。
22.電話などで、口をはさむタイミングがわからなくなることがよくある。
23.冗談がわからないことがよくある。
24.一度作業の中断させられると、その作業をうまく再開できなくなってしまう。
25.同じことを何度も繰り返していると言われることがある。
26.強く興味が惹かれるものがある。またその情報を集めるのが好きだ。
27.思いつきで行動するより、きちんと計画を立ててからでないと不安だ。
28.社交性に自信がない。
29.人の誕生日は忘れない自信がある。

はい:  項目

このスクリニーニングテストは当院オリジナルのテストですがはいの項目に19項目以上点数がついた場合は診断の可能性が高くなります。
正確な診断は実際の診察や、その他の複雑な心理テストが必要になりますのでご心配な方はお気軽にご相談ください。

 

例1) 30歳男性 Aさん

会社員として多忙な日々を過ごすうちにうつ状態となった男性

Aさんは会社の営業職に就職して8年。結婚され二人のお子さんがいらっしゃいました。職場では後輩の指導係を任される立場。
自分の仕事の合間に後輩の仕事をみるという立場で責任も大きくなっているとのことでした。受診する半年前から食欲がなくなり、体重が減り夜も眠れなくなっているとのことでした。

 受診後はお薬による治療を開始し、しだいに食欲が戻り眠れるようになりました。責任感が強く・まわりに気を遣いすぎる性格でもありましたので、ものごとの捉え方を変え楽に生きていけるような心理トレーニングを受けはじめると楽に日常を送れるようになってきたと話されています。

例2) 23歳男性 Bさん

仕事中に起こる動悸・息苦しさ・手の震えでお困りだった男性

Bさんの仕事は接客業でお客様と接する機会の多い方でした。
もともと対人緊張が強く、あまり人と話すのが得意なタイプの方ではありませんでした。お客様と接する際だけでなく、上司の前で報告や発表などする際に症状が目立つとのことでした。しだいに苦手な場面を避けるようになり、成績が落ちてきた事を上司に指摘され当院へ受診されました。

当院に受診された際も緊張感が強い様子で、うまく症状が表現できないといった印象でした。不安症状などについての心理検査を行った上でお薬とカウンセリングによる治療を開始しました。
同じような悩みを持つ方は少なくないとお伝えすると安心された様子でした。
昔で言うところの対人恐怖で現在は社交不安障害と表現しますが、精神療法と薬物両方と認知行動療法といったトレーニングを組み合わせて治療を行う事となり、症状が軽くなってゆかれました。

例3) 40歳男性 Cさん

幼少期からアトピー性皮膚炎と喘息に悩まされてきた男性

会社員のCさんはもともと幼少期から病気がちで、特にアトピー性皮膚炎と気管支喘息に悩まされていました。
高校生・大学生の頃は症状が落ち着いていましたが、就職してからは仕事上のストレスが溜まると症状が悪化するとのことで、長年皮膚科に通院されていましたが、落ち着いては悪化するといことを繰り返されていたようでした。
Cさんはインターネットでアトピー性皮膚炎とメンタルが関係していることを知り、ご相談に来られました。

来院後アトピーと喘息に対する外用薬や漢方薬による治療を開始しました。状態が悪い時には、免疫抑制剤やステロイドも使用することがありますが、日常的なストレスによる悪化を予防するような精神療法と組み合わせて行うことで以前に比べて症状が楽になったと話されるようになりました。

 

 

©夜間診療所